« ここいらが縁の切れ目かな | トップページ | 小松政夫とイッセー尾形のびーめん生活2012 in 春のひょうご »

2012年2月29日 (水)

えっ、昭和大恐慌はインフレじゃないの?

昭和4年(1929年)の世界大恐慌は、山川日本史や山川世界史の教科書の書き方をみて、高校生の時からずっとインフレ不況とばかり思っていました。第一次世界大戦敗戦国ドイツの段ボール箱いっぱいの札束の写真をみて、てっきり。

ブロック経済、金本位制に世界各国が切り替えて、貨幣を回収しすぎたために、デフレが起こっていたんですね。

デフレ:貨幣が足りない    商品価値 < 貨幣価値

インフレ:貨幣が余っている  商品価値 > 貨幣価値

デフレ大恐慌から世界で最初に脱出成功したのは、日本だそうです。高橋是清大蔵大臣が救国の士でした。

ちなみにわたしは日本史が大キライです。正しい国づくりを考えるためには仕方なくチビチビ勉強しています。まちがったことを山川日本史で教わるくらいなら、いっそ日本史は勉強しないほうが正解かもしれません。

軍部のコミンテルン分子(=レーニンから得た資金で経営した桜会)が5.15事件や2.26事件を引き起こし、コミンテルンが中華民国との紛争を深刻化させ、コミンテルンが偽のハルノートをつきつけて日米戦争がおっぱじまり、「欲しがりません、勝つまでは」やモンペや竹やり国民学校や英語禁止といった社会主義政策を戦時下に打ち出したのも偽装右翼コミンテルンであり、日本を一時占領したGHQメンバーがコミンテルンであって、コミンテルンが日本国憲法を起草したことは、しっかりおさえておきましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=YY-d8j8g_bc

|

« ここいらが縁の切れ目かな | トップページ | 小松政夫とイッセー尾形のびーめん生活2012 in 春のひょうご »