« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月25日 (日)

正しい政策さえさせなければ日本は滅ぶ

いい得て妙の倉山満先生の言葉ですね。

(1)旧皇族の皇族復帰

(2)日本銀行の円紙幣増刷によるデフレ脱却

(3)公共投資(=地震災害に向けての列島強靭化)

http://www.youtube.com/watch?v=uI5Kw3fPX5w

まずは日銀法を改正し、財務省を大宝律令以来存続していた大蔵省に戻し、大蔵省と国民が手を結ぶ必要があるようです。

(4)外交大学校の設立(=日本の苦手分野のエリート養成)

(5)日本国憲法の改正(=戦後レジームからの脱却)

外交は戦争を避けるための真に大切な手段です。現憲法9条では、外国からの侵略を防ぐことはできません。

公務員の削減、天下りや裏金無駄遣いなどの不正行為を正すのは、そのあとでしょう。デフレ時の増税は禁じ手です。まずデフレを脱却させてから、少子高齢化に向けて増税しましょう。税収を増やし、福祉厚生予算を増やして、国民皆保険制度を守りましょう。税収を増やし、防衛費を増やして、尖閣諸島と竹島を外国侵略から守りましょう。平和のためなら、しょうもない島くらい、外国がほしいならあげればいいという若者のネット・コメントをみたが、おぞましや。尖閣・竹島の次は、沖縄をくれ、五島・対馬をくれ、北海道・九州をくれと、国土拡大のナショナリズムには際限がありませんよ。そうしてあなたの住む場所はなくなりますね。マッカーサー占領政策ここにあり。

構造改革の小泉路線とまったく同じ大阪都構想では、神戸・京都・奈良・滋賀・和歌山といった周辺地域の経済地盤沈下を招くようなので、橋下氏、再考されたし。

折も折、野田首相がバブル崩壊寸前の中国国債を大量買いのニュース。こんなところは大ナタをふるうのですね。

おまけに前原・仙谷談話「消費税15%値上げが必要」のニュース。上限10%のアポイントはどこへやら。来年の景気は大不況へと突き進むでしょう。

共産主義に洗脳され、国民を太平洋戦争に陥れ、またもやデフレ増税を敢行しようとしている、東大法学部卒業者は、もはや国民の信を完全に喪失しました。数年後、廃校になると思います。中央大学法学部に取って代わられるでしょう。

佐久間象山、吉田松陰の会談を髣髴させるような、上念司先生と倉山満先生の対談を聞き、日本の未来は明るいと感じました。

http://www.youtube.com/watch?v=AR9ZZnp9_F4

|

2011年12月21日 (水)

冬将軍到来

急に寒くなってまいりましたね。関西の中でも、奈良の冷え込みは格別です。インフルエンザA型も流行ってきています。外出から帰宅したら、うがい、手洗いをしましょう。

寒いときはロシア民謡が一番。マリーナ・デヴィアトヴァ Marina Devyatovaさんがロシアでは人気なのでしょうか?

カチューシャ

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=UqzR1LVcqho&feature=endscreen

モスクワの夜

http://www.youtube.com/watch?v=ksBVOszVeeY&feature=related

|

2011年12月13日 (火)

「瓦博士の系譜」 清水昭博先生の講演

今日昼休み、KCNテレビをつけていますと、帝塚山大学・清水昭博 准教授が、瓦博士の系譜という、興味深い講演を放映していました。

瓦にはいろいろな用途目的でいろんな形がありますが、軒丸瓦が特徴を探るには便利です。飛鳥寺の軒丸瓦には花組と星組の2種類あります。花組はV字弁端切り込み、偶数弁、丸瓦を削って平瓦を接着しています。星組は丸い突起、奇数弁、平瓦を削って丸瓦に接着しています。

日本に渡来した瓦博士は、星組と花組という2大グループを形成していたそうです。

星組は、武寧王が熊津(ゆうしん)の公山城に都をおいたとき、527年に建立した大通寺を起源とする瓦様式です。扶余の金徳里瓦窯で焼かれました。

花組は、武王が扶余(ふよ)の扶蘇山城に都をおいたとき、建立した泗比王宮(さびおうきゅう)を起源とする瓦様式です。

飛鳥寺式(星組)588~610 → 奥山久米寺式(=小墾田寺)620~630 → 船橋廃寺式630~640 → 斑鳩寺・法輪寺(ここまでが素弁)630~640→ 百済大寺式(ここから単弁)639~ → 法隆寺

飛鳥寺式(花組)588~610 → 豊浦寺式(=蘇我氏の尼寺)620~630

北朝の瓦の特徴は複弁(花弁が2重)で、南朝の瓦の特徴は単弁(花弁が1重)です。南朝(梁)の瓦も新羅の瓦も、花弁に筋が入っているのが特徴です。瓦は水に濡れれば崩れますし、船に乗せて運べば、重いので船ごと沈みます。だから、瓦職人が来日して、古墳などを利用して窯を作り、日本の粘土を用いて瓦を作りました。日本にはじめて瓦が伝来したとき、簡単に作れる素朴な素弁からはじまって、のちに隣国の瓦と同じ、単弁(山田寺)や複弁(川原寺)へと発展していきました。

北朝 → 高句麗 → 新羅 → 飛鳥

南朝 → 百済 → 飛鳥

南朝 → 百済 → 新羅 → 飛鳥

南朝 → 新羅 → 飛鳥・豊浦寺

という四つの流れがあるそうです。清水氏は、最近、孝徳天皇(難波京)の有間皇子の宮を同定したとかで有名になった先生のようです。有間皇子(ありまのみこ)は孝徳天皇の死後、中大兄皇子(のちの天智天皇)によって殺されました。

日本に最初に渡来した瓦博士は次の4人です。

麻奈文奴(まなもんぬ)

陽貴文(ようきもん)

凌貴文(りょうきもん)

昔麻帯彌(しゃくまたいみ):昔氏は新羅王族の姓だから、新羅経由の花組?

|

2011年12月11日 (日)

忘年会・・・合言葉は”てっちり”と”スモーキー”

神戸・三宮で友人O氏と忘年会をしました。1次会は加納町のふぐ屋「鶴翔(つるしょう)」で、てっちり、てっさ、ひれ酒を堪能しました。関西では、冬といえばフグです。

Dscn0003
昨夜は皆既月食。空を見上げると、満月が欠けはじめていました。

Dscn0006
2次会は中山手通りを少し東へはいって、マスター山田氏の経営するバー、「Dio Nile(ディオ・ナイル)」へ直行しました。

Dscn0008

「スモーキーなやつをください。」とマスターに注文しましたら、なんと世界に数千本しかないスコッチウィスキー「Octomore(オクトモア)」を出してくれて感激しました。カマンベールチーズをつまみに、ロックでチビチビと。香りが強烈でフワーッと・・・

Dscn0007

ひょっとして、米米CLUBボーカリスト・カールスモーキー石井の名前の由来は、カールチーズとスコッチウィスキーじゃないかな。年の瀬を飾るすばらしい一夜をすごせました。

|

2011年12月 6日 (火)

国語教育;橋本武先生と成瀬正勝先生

駿台英語名物講師の竹岡広信先生の講演会に、最近出席しました。その場で竹岡先生はこうおっしゃいました。

「教師が生徒を育てるのは大変だ。しかし教師が生徒をつぶすのは簡単だ。教師のたった一言でつぶすことができる。」

勉強すればするほど、読めば読むほど、バカになる学習参考書が昔からけっこういっぱいありますね。

ブログ「三高私説」によれば、旧制三高・西洋史の鈴木成高先生も、陸軍士官学校でなされたアンチョコ能率重視の暗記詰め込み教育は、どんな大秀才もそのせいでバカになると、おっしゃったそうです。暗記中心主義なんて目の前いたるところにありますやん。恐ろしいことに、最近の医師の卵も暗記漬けにされています。医療ミスを犯さない研修医を即席栽培すべしのスローガンのもとに。

誰が正解を決めるのでしょうか? 百歩譲って、もし正解通りやってうまくいかないときはどうしますか?

12月3日、灘高の教壇に立って、橋本先生が32回生OBを相手に、「銀の匙」の授業をされました。私は、診療のため、授業にも同窓会にも出席できませんでしたが、同級生がUstreamで録画してくれていましたので、授業風景を拝見しました。

灘校・伝説の国語授業

灘校・伝説の国語授業
著者:橋本武
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

今月新刊で出たばかりの本を、11月末に三宮のブックファーストでみつけて読みましたが、授業の内容は、この本の内容と大差がないと思いました。いつもいつも橋本先生の生きる情熱には感服させられます。

そんな折、古本屋でたまたま安価に入手した、三省堂から昭和40年に発刊された「現代国語の新研究」を読む幸運を得ました。著者の成瀬正勝先生は、旧制一高卒の東大教授。長年、東大受験生の現代国語答案の採点に携わってこられた方でした。現代国語とはなにか、なぜ学ばなくちゃいけないのかという基本的疑問にやさしく答えることからはじまり、いろんな文体の文章を読ませ、その要旨をわかりやすく自分の言葉で解かせていきます。またコラムの文章も非常に味わい深いですね。この本はこう読めと・・・・・本文を何度も読んでひととおりの理解が成立したと思ったら、まず全文の要約文をまとめ、次に脚注欄にあるいくつかの設問を見てその答えを考え、考えをできるだけ煮つめて、ていねいに解答を書く

Img005_5 

”現代文が、あるいはその現代文を根底においてささえている現代の思想や文化が依って立っているのは、簡単なことばでいえば人間主義であり、個人主義であるといっていい。そして人間の尊厳を主張し、個人の価値に重きを置く考え方そのものが、実際には先進ヨーロッパの思想や文化からの刺激によって成立したものであったという事情を考えてみるとよい。また、このようにヨーロッパの刺激によってうながされた現代文化・現代思想であったからこそ、その上に立つ現代文は、従来の伝統的な表現形式のわくを破って、その内容にふさわしい自由な表現形式を手に入れることができたのであった。”

”現代文は現代人の思想や感情を的確に表現することができるものであるのだからこそ、そこにはまた、現代人の生き方が反映しているといってよい。”

”明治初期の啓蒙家たちの唱えた漢字廃止論の誤りは、まず第一に、文明の未開を学問の方法にあるとしないで、漢字そのものの罪だとしたことにある。当時の中国には、自国を他のいかなる国家よりも優秀であるとする、いわゆる中華思想があったが、日本でも封建社会を維持して行くために、過去の風俗習慣を守りつづけようとした保守思想があった。これらの思想の基本は、儒教である。そこで彼らはこの数千年前の古代思想を探求し、そこに人間の行動の基準を置こうとすることを、学問の道だと考えたのである。そしてそのためには、その思想を表現してる媒体としての漢字の意味を明かにしなければならない。(中略)この場合、文字の研究が学問の方法となる。これは西洋でも同様である。(中略)しかし東洋における古典学は、前述のように中華思想や保守思想にささえられて、それだけを学問だとする方向をとった。元来孔子の思想は同じ東洋思想でも仏教や道教と違って、かなり現実主義的なもので、自然科学を導き出すような人間精神をはらんでいたように思われるが、それが実を結ばなかったのはなぜか。これはいま指摘したような中華思想や保守思想、またはそれを形成していた政治形態にあるのであろう。しかし不幸にして、目前に西洋の文明開化の状態をながめて驚嘆した明治の啓蒙家たちは、このような事情に十分な考察を試みる余裕なく、漢字こそ開花をはばむ敵だと思い込んだのである。それは前述のように、自分たちが子供のときから、これこそ学問だと信じてきたものが、漢字の研究に明け暮れするものであったからである。彼らは漢字さえ追放すれば、万事はうまく行くと考えたのである。”

*竹岡先生も、「人は自分が教わってきたやり方で、人を教えようとするものだ。」とおっしゃっていました。

第一節 何が書いてあるか

第二節 段落の発見 

第三節 段落と段落との関係

第四節 大意の把握

第五節 要旨の把握

第六節 主題の把握

第七節 主体的な読み取り

第八節 この章のまとめ

なんか銀の匙の授業に似ているな。何が書いてあるかって、題名をつけることと同じやん。へぇ、大意と要旨はちがうのか。その本の中で、成瀬先生はこう言われています。

「書くことによる人間形成」

このように書くということには、自分の思想や感情を確かめてみるという重要な働きが見られる。自己反省の手段として日記をつけるというのも、それによって自己の内部を検証することができるからであろう。このような書くという体験から、われわれは自分の真実の姿を見出すことができる。前述のように、一方には、孤独を感ずるかもしれないが、同時に他人に頼ることなく、自身の考えのうえに立って、一人歩きのできる思想の展開が可能となるのである。

戦後の国語教育では、この書くということが、ややもすると軽視されているようだ。その代わり話すほうは、以前に比べて達者になったように思われる。これは民主主義とは話し合いの場を作ることにあるということから、学校のなかでも討議とか会議とかが多く持たれ、その指導も行きとどいてきたからであろう。あるいはコミュニケーションの手段として、ラジオやテレビが普及して、話す聞くの言語生活が豊かになったための影響であろう。そのほか、生徒の学力を試みる場合に、いわゆる○×主義の方法を採用することから、書くという練習が少なくなったせいもあると思われる。

しゃべることがうまいということも、一概に悪いとはいわない。しかしそのために、書くということが犠牲になり、作文能力が劣ってくるようになると、人間形成という点で、すなわち自立性、自主性という点で、欠陥が生ずるのではないか、十分な発言が乏しくなるのではないかと心配される。

(途中省略)

前に「自分のことばで書け」ということを述べたが、「自分のことば」もその教材から、あるいは日常接している新聞、雑誌などからでも、文字の正確な意味を理解し、それを媒体として自己の思考の表現を確実にする努力から生れる。自分にとって意味のあやふやな文字を用いるならば、その文章は自己の思想感情を表現していることにならないから、「自分のことば」とはいえない。

(以下省略)

こんな教育現場にも、国家イデオロギーは多大な影響を及ぼしているのですね!

東大にこんな生徒がほしいと言われた成瀬正勝先生と、東大に多くの生徒を送り込まれた橋本武先生。お二人の教育方針が見事に一致しているさまを見るにつけ、現役教師の方々も、今一度考え直してみられてはいかがでしょうか?

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »