« 広島原爆29個分の福島原発被曝 | トップページ | V675 »

2011年8月 9日 (火)

天武の都・奈良より眺むれば

天武の都・奈良より、天智の都・東京を眺むれば、げにをかしきさまなり。

今年4月から1割自己負担で接種できるようになった、アクトヒブ(インフルエンザ菌ワクチン)とプレベナー(肺炎球菌ワクチン)が、時限立法ゆえ、来年3月には10割自己負担に戻るかもしれないそうです。保険点数改定は2年に1回ペースなのですから、2年は実施しないとおかしいでしょう。日本の政治はどうなっているのでしょうか?

話がそれますが、奈良と京都がライバルなわけ。単に経済発展しているとかしていないとかではなく、前者は天武天皇の都であって、後者は天智天皇の都だからではないかと昔から思っています。藤原鎌足の死後、長男・定恵は出家し、次男・不比等は、京田辺市に住んでいた田辺氏に養われていたそうです。田辺氏は壬申の乱で負けた大友皇子側につき、地元では勝利をおさめました。個人戦には勝ったものの、団体戦では負けたということらしいですね。まっ、藤原不比等の子孫がいくら権勢を誇ったとしても、藤原氏にとって田辺氏は目の上のたんこぶといえるでしょう。

私のいだく印象ですが、

天智 → 白村江の戦いをドタキャンし、裏切った中大兄皇子

天武 → 白村江の戦いに挑み、戦死した中皇命の大皇弟

|

« 広島原爆29個分の福島原発被曝 | トップページ | V675 »