« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月26日 (金)

救国の伊勢商人 竹川竹斎

Img003_edited1_3

松阪市教育委員会文化課に、竹川竹斎(たけがわちくさい)の復刻版を取り寄せて、読み切りました。明治維新の最大の功労者は、この方です。

近江の浅井長政は、織田信長の妹、お市の方を嫁にもらいました。しかし、織田方につかず、越前の朝倉義景についたため、信長に殺され、長男は串刺しにされたそうです。長政の父である久政の弟、浅井友政が伊勢の射和(いざわ)の地に亡命して、竹川家を名乗りました。その後は、三井の伊勢屋と肩を並べる豪商になりました。

戦国の世で負けた側の人間の子孫が、日本を救ったのです。

Img004_edited1


阿部正弘 with 堀田正睦 vs  井伊直弼 with 長野主膳 ←Who?

川路聖謨 with 酒井忠義 vs  井伊直弼 with 長野主膳

 in 小浜藩による、彦根藩の琵琶湖利権奪取問題

徳川家茂 vs 一橋慶喜

三条実美 with 長州藩 vs 朝彦親王 with 川路聖謨

大久保一翁 vs  小栗忠順

大村益次郎  vs  大鳥圭介

これらの対決は、今の政治を考えるための勉強材料になります。

坂本龍馬を英雄にした男大久保一翁

坂本龍馬を英雄にした男大久保一翁
著者:古川愛哲
価格:920円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

この本のおかげで、明治維新に関する正しいイメージをつかむことができました。

竹川竹斎は、神戸御影の銘酒「白鶴」と「菊正宗」の酒造商人、嘉納治郎作と親友でした。治郎作のこどもが、講道館柔道の始祖、嘉納治五郎です。小さい体で大の男を投げ飛ばす払い腰を得意技としました。嘉納治五郎が馬糞帽で有名な旧制灘中学校を設立。のちの灘高等学校となりました。灘高の校是は講道館の校是と同じ、「精力善用」「自他共栄」で、柔道が必修です。

|

2011年8月23日 (火)

悪鬼羅刹(あっきらせつ)の化身なりとも

裏柳生口伝に曰く、戦えば必ず勝つ。此れ兵法の第一義なり。人としての情けを断ち、神に逢うては神を斬り、仏に逢うては仏を斬り、然る後、初めて極意を得ん。斯くの如くんば、行く手を阻む者、悪鬼羅刹の化身なりとも、豈に遅れをとるべけんや。

柳生一族の陰謀

http://www.youtube.com/watch?v=m1G9eQRrFRY

千葉真一さんの柳生十兵衛、成田三樹夫さんの烏丸少将のファンでした。めっぽう弓矢や剣の腕が立つ烏丸少将、それに「親父どの」の柳生宗矩との真剣勝負はいまも覚えています。とくに成田さんは、松田優作さんの探偵物語の刑事役から好きでした。カネがはいると必ずトルコ風呂に行く工藤ちゃん(松田優作)を時にはどつき、時には甘い言葉でゆすりたかろうとする、愛すべき賄賂に弱い刑事役でした。「悪役に悪人なし。」と言われるように、私生活は愛妻家だったようです。旧制高校、旧制大学を愛する者として、なぜ新制東大を中退したのか聞いてみたいものです。共感できる点が多々あると思います。

|

2011年8月21日 (日)

民主党の法案に反対!

民主党が国会提出する三大悪の法案には反対です。いまや野球やサッカーをやっている場合ではない。まちがった歴史認識を自分で見直す時です。

(1)人権侵害救済法案

言論の自由を奪う法案です。人権という錦の御旗の裏に隠された意味は?

(2)外国人参政権法案

免税措置で裕福な外国人に日本国の主権を譲渡する法案です。合法的?な(まちがった法律に照らせば正しい)政治資金面で彼らには勝てません。

(3)夫婦別姓法案

日本人の家族倫理を根底から破壊する法案です。こどもの狂暴化、離婚率アップを狙います。日本人の未来を確実に破壊します。

高知県 山本有二議員のお話

http://www.youtube.com/watch?v=1ZshYShfuTI&feature=relmfu

|

2011年8月19日 (金)

霊山歴史館(りょうぜんれきしかん)を訪ねて

Cimg0978


昨日、午前診を終えて、はじめて京都東山の清水寺あたりにある霊山歴史館に行ってきました。松下幸之助氏が創設した資料館だったのですね。モニターテレビは、パナソニックの3Dテレビでした。

Dsc_0134

護国神社境内から、志士たちの墓を拝みに山をのぼることができました。左側が海援隊・坂本龍馬の墓、右側が陸援隊・中岡慎太郎の墓です。

Cimg0971

志士たちの国を守る遺志を顧みるとき、いまここで日本国を反日の手に渡すわけにはいかないという思いを強く感じました。

傀儡のテーマ

http://www.youtube.com/watch?v=V4CTUALwnj0&feature=related

たとひ身は蝦夷の島根に朽ちるとも魂は東の君やまもらん

先祖代々家康公の時代から敗戦で逃げる際にしんがりをつとめあげた、智力と胆力の旗本・大久保一翁が、東の君である徳川慶喜将軍の命をしっかりとつなぎとめてくれました。ですから安らかに眠ってください。土方歳三の辞世の句はいままでこうだと言われていましたが、今回新たに辞世の句が発見されたそうで、それが展示されていました。

鉾とりて月見るごとにおもふ哉あすはかばねの上に照かと

戦いを終え血に赤く染まった鉾をとって、毎晩のように月を見ている。今夜も命が長らえたかという思いもつかの間、毎晩思うことがある。明日こそは、おのれの屍をこの月がそっと照らしてくれるのだろうかと。

Cimg0979

八坂神社奥の京の街並みです。夕立があがってしっとり濡れた小道が、いかにも京都らしい匂いです。京都市民にごひいきのリッチな長州藩士も、京都市民に嫌われたプアな新撰組隊士も、この道を駆け抜けていったのでしょう。

燃えよわが命♪ 栗塚旭は最高でした。

http://www.youtube.com/watch?v=d_LjVpj_n7k&feature=related

新撰組の旗は行く♪ 丘さとみちゃんもよかった。

http://www.youtube.com/watch?v=XS-2QZ9ddp0&feature=related

|

2011年8月18日 (木)

増税・大連立内閣 

民主党の総裁選は、われらが奈良県出身の馬淵さんと、野田さんの一騎打ちの様相ですね。順当にいけば野田さんの勝ちでしょう。仙石・前原・輿石の天下ですね。自民との大連立の真意は、小沢さん&鳩山さんが怒って離党しても、内閣がやっていけるようにするのが狙いとか。自民の谷垣さんは増税推進だし、9月早々、増税は確実でしょう。

日本を愛する保守の人たちの中に、谷垣おろし&安倍晋三氏の復活を望む声があるようですが、脱税疑惑やらであれだけ失態しているので無理でしょう。長州にはしっかりしてもらいたかった。

真の保守、故・中川昭一氏を失ってしまったのも痛い。同伴していた日銀の白川総裁の計略だったらしい。日銀が日本銀行券を刷って、東北の被災者にたくさん無料配布すれば、デフレは解消されるし、東北は復興するし、一石二鳥でしょう。中国のために、ハイパーインフレなどありえない呪文を吐き続けているのが、日銀の白川総裁。決して増税してはいけません。不景気と税収減少とデフレスパイラルを招くだけ。増税に反対の馬淵さんには期待しています。

昨日深夜、NHKテレビで、日本銀行・朝鮮銀行・台湾銀行それぞれが円紙幣を発行する権限を持っていて、満州から華北、さらに中国全土にまで円を東亜の通貨にしようとしていたことを伝えていました。反日のNHKさんは、朝鮮銀行が軍費を調達したとかで、まるで悪者のような扱いでしたが、少なくとも彼らは日本のために働いていました。いまの日銀はどうでしょうか?

井伊直弼の安政の大獄も、結果は誤りでしたが、日本のためを思って彼も働いていました。

要するに、いま進行中のできごとすら真実は見えないし隠されている。歴史は昔のことだからわからない?それは誤りで、昔のことだから時効で、真実がみえてくるのです。

|

2011年8月16日 (火)

伊勢商人にスポットライト!

江戸市民の嫌われ者、伊勢商人衆から彗星のごとく現れた竹川竹斎(たけがわちくさい)の功績。彼の地元・射和(いざわ)は古代より水銀を産出し、土器の朱色着色、梅毒薬、仏像の鋳造、おしろい、即身成仏のミイラ保存などに用いられました。帰りのカネを持たずに伊勢神宮への60年に1度のおかげ参りに出かけたり、そうでなくとも伊勢参りという名目なら丁稚が仕事を放棄できることもあって、多くの市民がカネを持たずに伊勢に集合しました。その風潮を表した言葉がこれ。

「近江泥棒に、伊勢乞食」

(1)明治維新のシナリオライター旗本、大久保一翁(おおくぼいちおう)と親交をもち、彼の大きな経済的基盤となったこと。大久保利通も坂本龍馬も西郷隆盛も桂小五郎も勝海舟も彼のアドバイス通りに動きました。金権汚職だが出世コースの長崎奉行を蹴って、静岡奉行に左遷された経験を生かし、大政奉還直後の徳川慶喜に静岡学問所をつくるよう奏上したのも大久保一翁でした。

(2)貧乏侍、勝海舟に住居と勉強資材を与え、竹川竹斎自身が書いた「海防護国論」を勝海舟に与えたこと。勝海舟は大久保一翁と竹川竹斎からネタをパクッタだけのこと。蘭学書の誤訳も多く、咸臨丸の運航をミスるし、能力的にはイマイチだった。「権力がスキやねん!」

(3)幕臣の大秀才奉行・小栗上野介(おぐりこうずけのすけ)に政策をアドバイスしたこと。

伊勢商人は江戸に支店を開き、江戸市民からカネを巻き上げていました。結局、そのカネが幕末日本を救いました。畠山氏、北畠氏、浅井氏など敗者たちが集って、伊勢商人となりました。また近江商人の小間使いから転身した人もありました。

江戸・大伝馬町の木綿問屋 ←全部、伊勢商人!

伊勢屋、布袋屋、川喜田屋、戎屋、丹波屋、大和屋、綿屋、亀屋、丸屋、島屋、升屋、田端屋、小津屋、奈良屋

江戸・日本橋駿河町の呉服問屋 ←越後屋は、全品掛け値なし!端キレの店頭売り!仕立てサービス!

越後屋(伊勢の三井)、大丸屋(京の下村)、白木屋(京の大村)

江戸・茅場町八丁堀の材木問屋

紀伊国屋、奈良屋

混浴銭湯をはじめたのも、風呂好きの伊勢人・伊勢与市でした。湯女(ゆな)、三助(さんすけ)を置くという画期的商売方法で大人気を博し、高価な吉原は左前だったとか。

商人は流通経路が安全でなければ商売になりません。その後ろ盾になったのが伊勢神宮でした。陸路より海路のほうが経費が安いですし、三重の港は海が荒れたときの船の避難所ともなって大変栄えました。「御師(おんし)」と呼ばれた伊勢神宮所属の伝教者・宣伝マンが、各地の旅籠でお札を売って金儲け。御師の手代がパシリとなって伊勢講を開いていました。

タイの国王にまでのぼりつめた山田長政は、伊勢山田出身の手代でした。また伊勢商人からは、国学者にして小児科医・本居宣長を輩出しました。財力がなければ、学問なんてできませんでした。

伊勢商人の経営信条

(1)非政商

幕府のお墨付きははじめはいいが、長続きしない。大名貸しなどデフォルトの可能性を事前に読んでいた。

(2)倹約

どんなに儲けていても、初かつおなどのぜいたく品は買わない。ケチに徹する。

(3)才覚

工夫、発明、アイデアで勝負する。薄利多売、商品券、貸し傘(番傘)、宣伝用てぬぐいなど。

(4)算用

計算を駆使して、採算がとれるか常に判断を怠らない。

さてさてここで明治維新の経営内情をみてみたい。

1867年1月13日 小栗上野介が徳川陸軍にフランス式訓練を施す。

1867年6月5日 小栗上野介が大坂商人に出資をさせて、日本初の株式会社「兵庫商社」を創立。

1867年10月24日 大政奉還

1867年12月9日 王政復古

1867年12月23日 三井が官軍軍費の調達に応じた。大坂商人は応じず。

1868年1月3日 鳥羽伏見の戦い勃発

1868年1月4日 官軍に錦の御旗が立つ。佐賀藩のアームストロング砲が官軍につく。退却する幕府軍が淀藩に淀城開城を依頼するが、拒絶される。

1868年1月6日 幕府軍側についていた津藩が新政府側に寝返り、淀川対岸より幕府軍を砲撃。多大な犠牲を出す。

1868年1月15日 徳川慶喜が小栗上野介・勘定奉行を罷免。小栗と関係の深かった伊勢商人が一挙に新政府側につく。

1868年1月29日 京・大坂商人が大挙して新政府側につく。

1868年4月11日 江戸城無血開城

日本が今日あるのは、三井財閥のおかげでしょう。江戸は金取引、大坂は銀取引。新政府は金取引に統一させ、大坂商人に報復しました。鴻池など大坂豪商は没落しましたし。大久保利通は大坂を首都にしたいと思うほど、大坂ファンでしたが。

大好きなノーエ節です♪

http://www.youtube.com/watch?v=bJpklJgHoyQ&feature=related

|

2011年8月15日 (月)

なら燈花会

昨夜、燈花会の名残を惜しんできました。

Cimg0960

旧暦7月15日の満月でした。

Cimg0966

Cimg0952

|

2011年8月12日 (金)

五里ごり館をたずね、奈良燈花会へ

昨日、京都府城陽市にある城陽市歴史民俗資料館(五里ごり館)に行ってきました。近鉄京都線の寺田駅を下車して徒歩数分で到着。文化パルク城陽の4階にあり、若干せまい会場でした。

Dsc_0122

みどころは、久津川(くつかわ)にある久津川車塚古墳でしょう。これは5世紀前期の前方後円墳です。長持形石棺の石材は、播磨の龍山石(たつやまいし)です。継体天皇の石棺は5世紀後期の家形石棺でしたね。久津川には古墳群がたくさんあり、大昔から豪族がこのあたりに住んでいました。

奈良時代前期には法起寺様式で久世廃寺(くせはいじ)が建てられ、奈良時代後期には法隆寺様式で平川廃寺(ひらかわはいじ)が建てられました。この辺一帯は奈良時代に寺を中心に非常に栄えていたようです。とくに平川廃寺は国分寺級のでかさで、なんと七重塔を備えていたそうです。

ここ寺田町は、京都と奈良を結ぶ大和街道のちょうど中間点にあたり、五里と五里で、「五里ごり館」という名前がついています。室町時代、畠山氏を駆逐した山城国一揆の起こった地です。国人36人衆は宇治の平等院鳳凰堂に立てこもっていたそうです。木津川近くの長池町では、江戸時代、たくさんの旅籠でにぎわい、伊勢参りのためのおかげ踊り伊勢講がさかんに開かれていました。

10月1日から宇治市歴史資料館で、特別展「巨椋池」が開催されることを知りました。巨椋池(おぐらいけ)は古代から交通の要所です。恒例の正倉院展と同様、いまから楽しみです。

夜からは近鉄奈良駅に移動し、燈花会(とうかえ)を見てきました。猿沢池から興福寺五重塔をみるスポットは最高です。

Cimg0937 

|

2011年8月10日 (水)

V675

V675とは、大東亜戦争末期の昭和20年6月から、サイパン・テニアン島に駐在するアメリカ空軍・特殊任務隊の出した暗号でした。彼らの任務は日本に原爆を投下すること。

陸軍所属の超エリート諜報部隊が原爆投下暗号を事前に解読し、大本営(天皇や陸海軍大将から成る大日本帝国軍・最高司令部)に上奏したにも関わらず、推定投下地の支部に空襲警報発令を命令せず、多くの犠牲者を出したと、先日放送のNHKテレビは伝えていました。

防空壕にさえもぐっていれば、原爆の被害からほとんどの人々が助かっていたそうです。不可解なのは、広島に原爆を落とされて、V675と原爆の関連性が明確になったにもかかわらず、長崎原爆投下5時間前にV675を傍受し、大本営に上奏したのに、長崎大村の海軍基地にまったく出撃命令を出さず、空襲警報すら出さなかったことを知らされました。大本営は長崎原爆を事前に知っていたという事実に愕然としました。

最高のコンピューターであるスピーディーが、福島原発の放射性物質拡散状況を計算予測していたにもかかわらず、永田町で情報公開が止められていた現状も、V675問題とまったく同じです。

外人から見た日本人評価を依然読んだことがありますが、日本の中間管理職は世界一なのに、日本のトップは最低の評価でした。大学医学部という組織もまったくそうです。きっと企業もそうなんでしょう。日本の組織の成り立ちを深く反省することが、本当の意味の戦争反省ではないでしょうか?

|

2011年8月 9日 (火)

天武の都・奈良より眺むれば

天武の都・奈良より、天智の都・東京を眺むれば、げにをかしきさまなり。

今年4月から1割自己負担で接種できるようになった、アクトヒブ(インフルエンザ菌ワクチン)とプレベナー(肺炎球菌ワクチン)が、時限立法ゆえ、来年3月には10割自己負担に戻るかもしれないそうです。保険点数改定は2年に1回ペースなのですから、2年は実施しないとおかしいでしょう。日本の政治はどうなっているのでしょうか?

話がそれますが、奈良と京都がライバルなわけ。単に経済発展しているとかしていないとかではなく、前者は天武天皇の都であって、後者は天智天皇の都だからではないかと昔から思っています。藤原鎌足の死後、長男・定恵は出家し、次男・不比等は、京田辺市に住んでいた田辺氏に養われていたそうです。田辺氏は壬申の乱で負けた大友皇子側につき、地元では勝利をおさめました。個人戦には勝ったものの、団体戦では負けたということらしいですね。まっ、藤原不比等の子孫がいくら権勢を誇ったとしても、藤原氏にとって田辺氏は目の上のたんこぶといえるでしょう。

私のいだく印象ですが、

天智 → 白村江の戦いをドタキャンし、裏切った中大兄皇子

天武 → 白村江の戦いに挑み、戦死した中皇命の大皇弟

|

2011年8月 5日 (金)

広島原爆29個分の福島原発被曝

トロトラスト → 肝臓に集積 → 20年後に肝癌(発症率25%)

現在使用禁止となっている造影剤・トロトラストが出すアルファ線が、肝癌の原因であると諸研究の結果、結論付けられている。よって、以下のことが推定される。

ヨード → 甲状腺に集積 → 20年後に甲状腺癌

セシウム → 膀胱に集積 → 20年後に膀胱癌

全身をガイガーカウンター放射線測定しても無意味だそうです。臓器別、さらに遺伝子、とくに癌抑制遺伝子p53が障害されているのかを測定すべきと、児玉龍彦・東大教授は主張されています。p53は細胞分裂の際に働く遺伝子です。DNAは2本鎖ですから、1本が障害されても、DNA修復酵素が働き、すぐに癌化することはありません。

http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo&feature=related

放射線被曝対策の3原則

(1)時間

(2)遮蔽

(3)距離

被曝時間は短く、鉛で放射性物質を遮蔽し、できるだけ放射線源から遠くに離れることです。

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »