« 明治新政府・参議メンバーの変遷(1) | トップページ | 天武の都・奈良より眺むれば »

2011年8月 5日 (金)

広島原爆29個分の福島原発被曝

トロトラスト → 肝臓に集積 → 20年後に肝癌(発症率25%)

現在使用禁止となっている造影剤・トロトラストが出すアルファ線が、肝癌の原因であると諸研究の結果、結論付けられている。よって、以下のことが推定される。

ヨード → 甲状腺に集積 → 20年後に甲状腺癌

セシウム → 膀胱に集積 → 20年後に膀胱癌

全身をガイガーカウンター放射線測定しても無意味だそうです。臓器別、さらに遺伝子、とくに癌抑制遺伝子p53が障害されているのかを測定すべきと、児玉龍彦・東大教授は主張されています。p53は細胞分裂の際に働く遺伝子です。DNAは2本鎖ですから、1本が障害されても、DNA修復酵素が働き、すぐに癌化することはありません。

http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo&feature=related

放射線被曝対策の3原則

(1)時間

(2)遮蔽

(3)距離

被曝時間は短く、鉛で放射性物質を遮蔽し、できるだけ放射線源から遠くに離れることです。

|

« 明治新政府・参議メンバーの変遷(1) | トップページ | 天武の都・奈良より眺むれば »