« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月27日 (水)

国宰と国司、公心と私心

国宰(くにのみこともち)=国、つまり古代日本では天皇の詔勅(=命令)をあずかって、地方に派遣された官職のこと。地方には一時滞在しかしない。詔勅を地方高官(=豪族の長)に伝えて終わり。大宰府とは国宰の中枢機関のことです

国司(くにのつかさ)=国、つまり古代日本では天皇が派遣し、天皇に代わって地方政治を行う官職のこと。地方に長期間滞在する。既得権益をめぐって地方高官(=豪族の長)と内戦に陥るか、地方高官と癒着して悪事を行うか、どれかひとつを選択。

701年、大宝律令で文武天皇は、国宰を廃止し、国司を制定しました。若く死んだ帝のあとを継ぎ、元明天皇は国道、駅伝、貨幣交換、貨幣貯蓄の奨励といった平城京の経済基盤を整備しました。一方では、藤原京や大官大寺を焼くといった反対勢力(=九州王朝の残党)の排除にも努めました。元明天皇は、唐を滅ぼして周を興した則天武后(そくてんぶこう)を手本にしましたですから、粟田真人は遣唐使ではなく遣周使です

評制から郡制への移行に伴い、

国宰 (くにのみこともち) → 国司(こくし=くにのつかさ)

評督(こおりのかみ) → 郡司(ぐんし=こおりのつかさ)

助督(こおりのすけ) → 里長(りちょう=さとのおさ)

帝(みかど)は私心(わたくしごころ)がなく、公心(おおやけごころ)があるとされています。小さい頃から、そういう帝王学を学んでいたからです。しかし、万能の神ではなく人間ですから、できの悪い帝もいても当然です。怒られるかもしれませんが、あえて言わせてもらえば、フリードリヒ大王や中皇命(なかつすめらみこと)や天武天皇に比べ、一億総玉砕の体制下に置かれた昭和天皇はそうではなかったと思います。しかし少なくとも公心は常にお持ちであったはず。公心の中から出た命令は、地方に幸せをもたらします。私心から出た命令は、地方に災いをもたらします。

飛鳥の都

飛鳥の都
著者:吉川真司
価格:798円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

p>

|

2011年4月25日 (月)

パッと明るくいきますか

キャンディーズのスーちゃんがなくなったのにはビックリしました。ご冥福をお祈りいたします。キャンディーズの数多きヒット曲の中で、1番はやはりこれでしょう。

キャンディーズ 「やさしい悪魔」

http://www.youtube.com/watch?v=6Xh5I6MGIow

わたしは太田裕美ちゃんのファンでしたので、キャンディーズにドップリつかっていたわけではありませんが、なんとなくミキちゃんのファンでした。世間の人気ナンバー1はランちゃんでしたね。

民主党のドン・渡部恒三氏(福島県衆議院議員)と、その甥、佐藤雄平・福島県知事との二人三脚癒着で、福島第一原発へのプルサーマル(危険なプルトニウム燃料)導入が強行採決された由。果たして献金を受けた政府与党の責任は?伝統ある相馬藩の安全が売られたようです。お先真っ暗闇の世の中、パッと明るくいきますか。

河合奈保子 「夏のヒロイン」

http://www.youtube.com/watch?v=BUoXARoyTLA&feature=related

奈保子ちゃんはお元気でしょうか?

|

2011年4月15日 (金)

桜トンネル in 奈良・佐保川

JR奈良駅に最近新築なった健診センターで、奈良市の1歳半健診を終え、送迎車で油阪の舟橋商店街あたりの沢井病院まで送っていただき下車。まだ花見は間に合うかなと心配でしたが、半分以上は散っていました。来年はもっと気合を込めて、日曜にでも出かけてみたいと思います。

ああ洛陽の花霞(はながすみ) 桜の下(もと)の男の子らが

いま逍遥に月白く 静かに照れり三笠山

まずは大佛鉄道記念公園の桜からスタート。

201104141522000

永楽橋から撮りました。ここは佐保氏のふるさと。

201104141523000

たそがれ星よあこがれの  あふれし泪ひといずこ

茜くれない空よりも  したたり落つる草の雨

201104141524000

201104141526001_2

201104141529000

201104141529001

201104141530000

花咲く丘に花ちらふ  三年にかぎる若き日や

いま咲きつがむ由なくに  耳かたむけよ春の唄

201104141534000

201104141536000

201104141536001

201104141537000

ああ若き日よ愁ひあり  ひとみ翳(かげ)こくひそびそと

さだめを託(かこ)ちさり気なく  微笑まんとて露散りぬ

201104141539000

201104141541000

201104141542000

語る言の葉夜露にも  うち湿らしつひと去りぬ

星ぞ流るる今宵かな  薄氷(うすらい)の路かげ遠く

201104141547000

201104141552000

201104141552001

JR奈良線の踏切を通ります。静けさを破る、けたたましい警報機とともに、電車が通り過ぎていきます。

201104141631000

野いばらひらく野辺はるか  早春のこえ花やぐも

雪解く調べ清らけく  草の葉すべる和みあり

201104141554000

残念、花は半分以上散ってしまっている感じでした。

201104141635000 

201104141556000

花の名つぐる彼のひとよ  風におくらむ若き子よ

やさしき歌をささやかむ  かなしき歌をささやかむ

201104141641000

最後に、樹齢160年を誇る有名な川路桜です。

201104141636000

我歌えば月徘徊し 我舞えば影繚乱す

醒時同じく交歓し 酔後各々分散す

永く無情の遊を結び 相期して雲漢遥かなり

|

2011年4月12日 (火)

春爛漫の花の色 from 奈良・秋篠川

奈良・学園前のなかむら小児科の近くに、秋篠川が流れており、その川べりに市民の手によって、平成10年秋に桜が植えられました。いまでは、みごとな桜並木となっていて、知られざる桜の名所となっています。秋篠川は、紀子様のご主人、秋篠宮の名にちなんだ秋篠寺を流れる川でもあります。夏にはホタルが飛ぶそうです。

診療の昼休みに、片道1.3kmの桜並木を歩いてきました。ざっと2時間半かけてゆっくり花見を堪能しました。中山町のコナミスポーツがスタートで、登美が丘中学校あたりの山が終点です。

201104121340000

201104121341001

201104121343000

201104121344000

201104121348000

201104121347000

201104121353000_2

201104121355000

201104121358000

201104121402000

201104121409000

201104121412000

201104121416000

201104121419000

201104121425000

201104121431000

201104121435000

201104121438000

201104121441000

201104121446000

201104121448000

201104121451000

201104121502000

201104121507000_3

201104121513001 

|

2011年4月10日 (日)

春爛漫の花の色 from 神戸・夙川

夙川の花見に今年も行ってきました。みごとな満開です。奈良時代は桜よりもっぱら梅の花見が主体でした。平安時代から、貴族たちが競って桜の花見を始め、加茂川に桜の木を植え、公家の桜を愛でる心を武士が引き継ぎました。

花は桜木、人は武士

201104101537000

201104101546000

201104101541000

春爛漫(らんまん)の花の色 紫匂う雲間より

紅淡(うす)き朝日影 長閑(のど)けき光さし添えば

鳥は囀(さえず)り蝶は舞い 散り来る花も光あり

(旧制一高寮歌より)

201104101501000 

201104101449000

自宅周辺の道端に咲く桜も満開です。

|

宇佐神宮参拝、由布院温泉、福岡市博物館を訪ねて

201104071241000

由緒ある宇佐神宮に参拝してきました。新神戸から小倉まで新幹線のぞみ、小倉から大分県宇佐まで特急ソニックで着きました。ソニックはゆったりしたスペースでなかなか快適でした。

201104071247000

大分県の線路沿線に菜の花がいっぱい咲いていましたが、ここ宇佐神宮にも咲いていました。桜は満開!すばらしいお花見でした。

201104071251000

201104071249000

201104071501000

201104071405000

池にはみごとな錦鯉が餌を競います。

201104071342000

これは上宮です。

201104071352000   

これは下宮です。

宇佐神宮は上宮、下宮に分かれていて、御手水→上宮→下宮の順に参拝しました。通常は、2礼2拍手1礼なのですが、出雲大社同様、宇佐神宮は2礼4拍手1礼です。欽明天皇の夢の中に、応神天皇が現れて、宇佐神宮が571年建立されたようです。

向かって左から、一之御殿、二之御殿、三之御殿とあり、それぞれ、応神天皇、比売大神(ひめのおおかみ)、神功皇后が祭られています。左から参拝していきました。比売大神とは3人の女神の総称で、高千穂峡・天孫降臨のころの一番古い神様です。

749年、奈良大仏開眼の際、宇佐神宮の八幡大神(はちまんおおかみ)と比咩神(ひめのかみ)が神輿に担がれて奈良へ旅されました。765年、宇佐に再び戻られましたが、お告げにより隣の大尾(おおお)神社に一時滞在されました。そのとき769年、和気清麻呂がはるばる奈良の地から、称徳天皇の命でご神託を受けに大尾神社にやってきました。生駒山を超える際、和気清麻呂は何者かに暗殺されかけます。どうにかこうにか大尾神社に到着し、ご神託を受けることができました。

「わが国は開闢(かいびゃく)このかた君臣のこと定まれり。臣をもて君とする、いまだ、これあらず。天つ日嗣(あまつひつぎ)は、必ず皇緒(こうちょ)を立てよ。無道の人はよろしく早く掃除(そうじょ)をすべし。」

770年、道鏡の陰謀は敗れ去り、栃木県下野(しもづけ)に左遷されることとなります。779年、祭神は大尾神社から宇佐神宮の今の場所に戻されました。

201104071423000201104071425000_2

201104071434000

長い階段を上って、やっと大尾神社にたどり着いて、参拝してきました。

201104071220000

参道で大分名物だんご汁定食をいただきました。幅広くて分厚いきしめんがはいっています。

201104071645000

特急ソニックをJR宇佐駅で待っていたとき、プラットホームから見た風景です。なにもない。大分で特急ゆふいんに乗り換え、由布院温泉「ゆふいん花由」へ向かいました。

201104080729000

窓からは由布岳が見られました。湯布院の街なみを下に見ています。ちなみに温泉は由布院、地名は湯布院と表記します。林を駆け回るうぐいすが、早朝からさかんに鳴いていました。

201104080651001

個室露天風呂から見た風景です。夕食は別室個室で、関アジ、地鶏、豊後牛、馬刺をいただきました。

201104081221000

翌日、金鱗湖(きんりんこ)に向かう途中、大分川の川べりに咲いていた桜並木です。由布岳がみれるという広々とした露天風呂・玉の湯に行きましたが、あいにく掃除のため入れず。隣の弘法の湯に600円で入湯。ゆふいんサイダー、ゆふいんプリンをいただきました。

201104081225000

雲をいただく由布岳です。北九州の山は急な山が多くみられます。なだらかな山波がだらだら続く大和には見られません。

201104081247000

湯気がたちのぼる金鱗湖です。

201104081249000

カモがリラックスして無警戒で寝ていました。201104081300000

201104081303000

そば屋「泉」で、せいろそばと、どぶろくをいただきました。今泉堂の黒糖揚げまんじゅうはとてもおいしく、土産にしました。湯布院昭和館で、山下清展をやっていましたので、じっくり見ました。昔の小林桂樹演じる山下清の映画も見ました。山下清が下半身を出して歩いていると、こどもがおもしろがり、ますます面白がって出していたら、老人が「そこのものは隠すものだ。」と清を諭し、やめたという、自筆の日記には笑えました。

17時、湯布院発ディーゼル特急「ゆふいんの森」に乗車して、2時間20分くらいで博多に到着し、中洲に近いキャナルシティのホテルで1泊。ゆふいんの森は快適なゆったり空間で、女性の車掌さんが記念撮影してくれました。中洲の鳥善(とりぜん)で夕食。こじんまりとした個室で水炊きを食べられ、常客となっています。

201104091659000

翌日、金印を見たくなって、博多から地下鉄に乗って西新(にしじん)駅を下車。西南学院大学を横目に過ぎて徒歩10分で福岡市博物館に到着。常設展で、福岡の歴史を勉強しました。

朝鮮半島から、稲作が板付遺跡に日本で初めて伝わったそうです。

西鉄ライオンズのホームグラウンドだった平和台球場の地下から、鴻臚館(こうろかん)あとが出土して、現在発掘中とのこと。大宰府・九州王朝と、新羅・百済・高句麗との外交を語る木簡が出てきてほしいものです。鴻臚館とは外国使節を受け入れるための立派な館であり、明治文明開化の鹿鳴館みたいなものかな。

栄西が宋に渡る前、14年間ここ今津港に滞在していたそうです。栄西は日本に帰還して禅宗の一派・臨済宗を興し、茶を伝えました。

後醍醐天皇の時の活躍で、福岡を貰い受けた大友氏でしたが、長州の大内氏が進出。福岡は二分されました。大友氏は大分へ逃げ、佐賀の龍造寺氏と大内氏が福岡を支配します。大内氏は広島県吉田町から発祥した毛利氏に負け、毛利氏は大内氏を山陰へ追いやります。毛利氏が長州を支配し、九州に進出を図りますが、大友氏に負け断念。秀吉の時代、博多商人による自治が認められたのもつかの間。播磨姫路城を治めた、目薬売り商人・黒田官兵衛(如水)が、九州に進出。大友氏を破り、九州統一をめざし薩摩島津氏に迫らんとしたとき、家康から停戦命令が下ります。こうして黒田氏が福岡を支配します。織田信長によってくじかれた堺商人と同様な自治権を、秀吉が博多商人に許可したのは、文禄慶長役の際、朝鮮出兵の軍事基地にしたいと思っていたからだそうです。佐賀の鍋島藩(葉隠流武士)と福岡の黒田藩は仲が悪いのは当然で、長崎の交易利権を得るべく、隔年で福岡と佐賀が交互に長崎を支配しました。

朱子学者・貝原益軒も福岡出身です。

長崎を見ている藩にとって、開国は当たり前だったはずが、攘夷派も台頭して、藩内が二分されました。高杉晋作率いる長州の奇兵隊にも敗れる始末。佐幕派ゆえ福岡は時代の波に乗り遅れてしまいました。

晩年の北斎の自画像です。

Art04_2 

大北斎展をやっていましたので、特別展も見ました。ペンネームが、春朗(20~35歳)→宗理(35~45歳)→北斎(45~52歳)→戴斗(53~60歳)→為一(60~75歳)→画狂老人(75~90歳)と変わっています。彼は日本の宝にとどまらず世界の宝ですね。

201104091104000

福岡タワーにもエレベーターで昇ってきました。百道浜、能古島、志賀島の眺めがなかなかグー!

新幹線さくらで博多から新神戸に帰還し、オリックス時代のイチローの親代わりだった牛タン屋「牛やたん平(ぎゅうやたんぺい)」で夕食。イチローは来日したとき、いつもここへ来るそうで、酒屋の兄ちゃんもイチローの練習に招待され、キャッチボールをしているそうです。三宮の「ゾウさんビル」にあり、たん平コースがおすすめ。

201104092311000

2次会はむかいのジャズ喫茶「ソネ」に行きました。中は広く、披露宴帰りの集団客と一緒でした。ソネに出演するのが、ジャズミュージシャンの大きな目標となっているそうです。

|

2011年4月 5日 (火)

いましろ大王の杜(継体天皇陵)を訪ねて

201104031232000

4月3日の日曜日、晴れ間が覗く曇天のなか、いましろ大王の杜と呼ばれる継体天皇陵に行ってきました。JR西日本で摂津富田駅下車し、奈佐原行きJRバスに乗って10分くらいで今城塚古墳前で下車しました。さっそく4月1日にニューオープンした今城塚古代歴史館に入ってみました。常設展は入場無料で、京都府城陽市の古墳が特別展で展示されていて、こちらは一人200円。

201104031248000

私の好きな武人埴輪がいました。まあ、いろんな時代の埴輪があるわあるわ。さすがは継体天皇だなという感じがしました。そもそも継体天皇って誰?父親が何者かに殺されて、福井県越の国で母親といっしょに住んでいたとか、応神天皇の5代目の孫といいますが、あやしげな存在。大阪府茨木市の太田茶臼山古墳には、継体のおじいちゃんかひいおじいちゃんが眠っているそうです。発掘していないのでこれまた不明。

そもそも応神天皇でさえ、死ぬ直前の仲哀天皇と、これまた実在があやしい神功皇后とのあいだの子供なので、出自はまったく不明。

201104031246000

装飾が複雑化してくる短甲の移り変わりがよくわかる解説でした。なぜ解説図を、展示印刷物に載せないのか?

201104031353000

201104031354000

継体天皇の死後、殯にしてここで祭ってあったそうです。その同じ場所に、この埴輪列が置かれています。埴輪の配置の詳しい意味は謎で、葬儀の様子が描かれてあるそうです。

201104031357000

201104031400000

今城塚古墳は6世紀の前方後円墳で、中にも入れます。継体天皇が眠る円墳から、方墳をながめてみると、こうなります。ここは完全にファミリーのハイキングコースになってしまっていますね。石棺が重みで土中に沈まないように、小石を敷き詰めて石段を組み、一段高く盛ってあるのが特徴です。

201104031412000   

1596年、伏見地震によって、古墳が破壊されたそうですが、下写真のように、一部が当時のままで残されています。

201104031416000

201104031424000

古墳の周囲を一周するのは爽快でした。継体大王(おおきみ)は、岩戸山古墳に眠る筑紫国造磐井と、大宰府の地で一戦を交えました。勝者となった継体天皇の石棺の石は、はるか熊本阿蘇山のピンク石を使っています。ほかにも、奈良二上山と兵庫県播磨の石も使っています。そんな遠隔の地の浪漫もかきたててくれる場所です。 

|

2011年4月 3日 (日)

大連立反対!

自民党・民主党の大連立が目前に迫っています。一言で言うなら、「増税内閣」。もっと言うなら「反日内閣」。震災で日本の東半分が経済停滞してしまっているのに、追い打ちをかけるような増税には反対です。ことここに極まれりの感です。

ねじれ国会は国民の総意の結果であり、一部の反日政治家グループが不勉強なチルドレンを巻き込んで、増税案以外にいっぱい用意してある悪法案のかずかずを、強行採決することはぜったいに許してはなりません。

テレビでサッカーとかで3面ネタが盛り上がっているときは、国が悪いことをしているときなので、目を見張っておかなければなりません。

|

2011年4月 2日 (土)

福島第一原発の現状

診療が終わって、m3.comをみていましたら、次のような情報に突き当たりました。京大原子炉実験所の小出裕章先生のわかりやすい現状解説でした。

http://www.ustream.tv/recorded/13695456

炉心部の壁にヒビが入っていて、自然と一体系で炉心を冷やし続けるしかないという予測です。プルトニウムなどの非揮発性放射性元素だけは拡散させてはいけないという思いで、関係者がたは日々ご苦労されているそうです。海に流れ出る放射能汚染。チェルノブイリ原発事故では最大距離700kmまでがRI管理区域に指定されるレベルとか。

また、異常気象をもたらす海水温上昇と、7℃上昇した淀川流量級の原発温排水との関連性の可能性を指摘されています。元凶はCO2ではなかったのか。まったく言葉を失いました。

松本人志氏に賛成1票

http://www.youtube.com/watch?v=jbKMIY64bHU&feature=related

原爆を許すまじ

http://www.youtube.com/watch?v=DLIdA-6ZLws&feature=related

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »