« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

帝塚山大学・市民大学講座を見て

テレビ奈良で、「帝塚山大学・考古学研究所・市民大学講座」という番組が、午後1時ころ、放映されています。なかなか勉強になります。

律令制度の普及とともに灰色ざらざら肌地の須恵器が大量生産され、全国で使われ、10世紀につるつるの陶磁器にとってかわられた。須恵器で実際ごはんを食べてみると舌触りが悪くてまずい。つまり須恵器の存在は、律令制度が奈良を拠点にその地に浸透していたことを示す。

孝謙天皇が淳仁天皇に譲位して、高野天皇(たかののてんのう)と名乗って、法華寺にはいって出家された。高野天皇と淳仁天皇が不和になった。高野天皇は平城宮から法華寺にはいられ、淳仁天皇は中宮院にはいられた。淳仁天皇に馬鹿にされたことに怒って放った高野天皇の御言葉。「あんた(淳仁天皇)は小さいことやまつりごとだけやって、大きなことは私(高野天皇)に任せていればいいのよ。勘違いしないでね、私のほうがえらいのよ。」淳仁天皇を支持した恵美押勝(正1位)は鉄器の産地、滋賀県高島市を本拠地としたが、高野天皇に激怒した。高野天皇が少納言・山村王(やまむらのおおきみ)に鈴印を授けたのを妬んだ恵美押勝は、わが子・藤原訓儒麻呂(ふじわらのくずまろ)を遣わせて鈴印を奪った。怒った高野天皇は坂上苅田麻呂(さかのうえのかりたまろ)に命じて藤原訓儒麻呂を殺した。恐れた恵美押勝は近江へ逃れ、天皇にならんとして764年に挙兵したが平定された。淳仁天皇は淡路に流され、天平神護元年(765年)、高野天皇は称徳天皇として重祚した。大臣禅師に道鏡、中納言(正3位)に白壁王(のちの光仁天皇)、従5位に山部王(のちの桓武天皇)、右大臣に南家の藤原豊成、参議に吉備真備が復権した。

称徳天皇の病気を治したことがきっかけに、道鏡と称徳天皇が蜜月になった。766年に道鏡が法王まで上り詰め、左大臣に北家の藤原永手、右大臣に吉備真備が命ぜられた。淡路島に流刑となっていた淳仁天皇は逃亡を図って、翌日殺された。道鏡は、和気清麻呂から宇佐八幡宮(=神功皇后の宮殿)の神託が下って失脚した。768年8月三河の国にめずらしい虹色の雲(彩雲)が現れ、神護景雲と改元した。珍しい雲が現れただけで、地方の民は天皇に上奏したのである。小さな塔の模型(様;よう)に印刷された陀羅尼(呪文のお経)を入れて拝まれた。770年称徳天皇崩御。聖武天皇・光明皇后の父母のありがたみを感じながら。

天皇という存在自体に大きく絶望した天武系であった称徳天皇が、自ら天皇の血筋を断絶させようとした。この緊急事態を救った黒幕は、天智系であった光仁天皇ではないか。60歳すぎて即位しており、冷酷にも妻・井上内親王(いがみないしんのう)とこども・他戸皇子(おさべのみこ)をともども暗殺し、天武系の血を永久に途絶えさせることに成功した。この頃の藤原氏には陰謀を計るような権力はなかった。光仁天皇の継嗣が桓武天皇である。

天平宝寺9年(765年)、西大寺が平城京右京に建立された。神護景雲初年(768年)、西大寺東塔に八角基壇が築かれた。「日本霊異記」に曰く、白壁天皇(光仁天皇)の御世に、藤原永手が、西大寺の七重塔を五重塔に減じ、法華寺の幢(はたほこ)を倒した。その子、藤原家頼が、父があの世で苦しんでいる夢を見て、仏道に帰依して父親を弔った。

元号は二つの漢字から成るのが慣わしだった。光明皇后が天平なんたらという四つの漢字から成る元号を命じたのである。

|

2010年8月16日 (月)

日本の近現代史を読んで

総図解よくわかる日本の近現代史 倉山 満 著 新人物往来社

なかなかわかりやすい本です。歴史には必ず黒幕が存在します。ヨーロッパに目を向けますと、1800~1820年頃はフランスのタレーラン、1830~1865年はイギリスのパーマストン、1870~1890年はドイツのビスマルクです。反対勢力が寄ってたかっても崩せない壁のような存在があるのです。

日本の場合、幕末の頃は、孝明天皇と久邇宮朝彦親王(くにのみやあさひこしんのう)でした。彼らは「佐幕攘夷」を目指しており、「佐幕開国」の江戸幕府も、「勤皇攘夷」の雄藩もともに目論見が頓挫しました。明治新政府が「勤皇開国」ですから、真逆であったことは皮肉なものです。イギリスが日本を利用してロシアの南下を防ごうとしたこと、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世がビスマルクを解雇し、ビスマルク外交から解放された露仏同盟によりドイツが挟み撃ちされたため、ロシアの目をアジア日本に向けさせようと画策したことをはじめて知りました。日露戦争の一役を買って出たわけです。魔法使いサリーちゃんのパパのような髭をたくわえたヴィルヘルム2世はやはり只者ではなかったようですね。私は米英よりプロイセンのほうが親しみを持っていたのですが、少々幻滅させられました。明治政府は大英帝国の手のひらの上で泳がされていたにすぎませんね。用済みになれば嫌日のフランクリン・ルーズベルト米大統領と組んでバイバイでした。

日本が朝鮮に日韓併合を強要したと言われていますが、全くのウソです。創氏改名は朝鮮側から志願した場合に限り行われましたし、改姓しなかった方もたくさんいました。従軍慰安婦強制連行は立派な職業斡旋でした。幼い女学生をだまして斡旋した事件は、日本人によるものではなく、朝鮮人による犯罪でした。日本の在朝警察はこういった犯罪を厳しく取り締まりました。日露戦争時、朝鮮は中立宣言していたにもかかわらず、ロシア軍が朝鮮に駐屯しており、ロシアを支援しているのと同じことでした。満州・遼東半島で戦う日本軍がロシア軍に挟み撃ちされないためにとった軍事行動に過ぎません。日露戦争で出資してくれた大英帝国と、和平仲裁してくれたアメリカをまじえ、日・米・英共同で、清・ロシアからの朝鮮独立を扶助していれば、納得いただけたかもしれません。

昭和6年5.15事件によって憲政の常道が否定され、衆議院の勢力は失墜しました。昭和12年、スターリンに命乞いした蒋介石が仕掛けた支那事変によって、陸軍はなんの構想もないまま戦闘を拡大することとなりました。元老という名の薩長OBが昭和15年まで黒幕でした。最後の元老、西園寺公望の死を最後に、最後通牒「ハルノート」を契機に、陸軍が日本を大東亜戦争に突入させました。中国国民党蒋介石政権を支えていたのは英領ビルマのルートであって、これを断ち切ることが最大目標でした。

日本が突き付けられた「ハルノート」は、ハル米国務長官の起草したものではなく、実はフランクリン・ルーズベルト米大統領の指示で、コミンテルン(共産主義者)であったハリー・ホワイトが起草した偽物であったようです。フランクリン・ルーズベルト大統領はコミンテルン(共産主義者)でした。その目的は日本を開戦させ、真珠湾攻撃によって米国世論を参戦に向けさせ、日本の降伏を長引かせ、原爆の実験台にすることだったのでしょう。フランクリン・ルーズベルト大統領の選挙公約は戦争不参加でした。

米国のスパイが指揮していた大日本帝国海軍は、東条英機首相、陸軍、昭和天皇に無断で、真珠湾攻撃を決行しました。おかげで米国の参戦を招き、太平洋全域にまで戦火が拡大してしまう結果となり、米国の参戦を避け、インド洋を制圧し、英国の物資輸送路を分断するという、東条内閣が暖めていた作戦がだいなしになりました。

米国のコミンテルンがGHQとして戦後日本に進駐し、国際法違反の原爆投下のみならず、国際法違反の東京裁判を強行しました。戦争責任として軍部のみならず日本国全体が訴えられるという他に前例を見ない論理を押し付け、矛盾点多き日本国憲法を押し付けました。戦争放棄によって自衛軍を失った今、中国、朝鮮、ロシアといった共産主義者たちの侵略を待つばかりの状態です。「民主主義革命」という共産主義者の造語をスローガンに掲げる民主党・菅直人首相は、「ようこそ、いらっしゃいませ。」と隣国の臨戦態勢に門戸を開いています。

これらの事実から得られる反省点は、「無知」と「奸官」が戦争を生むということではないでしょうか?インターネット情報交換のおかげで、幕末以来の亡国危機を回避したあとは、日本のために働いてくれる日本人外交官の養成はぜったい必要です。伝統・風俗・習慣・民族を破壊し尽くす共産主義(=独裁者→人民→民衆のピラミッド構造支配主義)から日本を守らなくてはなりません。平等には自由はありません。

戦前の東京

http://www.youtube.com/watch?v=uiFDRm55338&feature=related

ズンドコ節(海軍小唄)

http://www.youtube.com/watch?v=laVzBhKWw9I&feature=related

ダンチョネ節

http://www.youtube.com/watch?v=UnyXLqZJ2BQ&feature=related

湖畔の宿 高峰三枝子(兵士がよく口ずさんでいたそうです)

http://www.youtube.com/watch?v=oYzHSJAgUIE&feature=related

誰か故郷を想わざる 霧島昇(死を目前にして口ずさんだ歌)

http://www.youtube.com/watch?v=Jm5tNQK03X4&feature=related

かえり船 田端義夫(出征兵が遺骨とともに引き揚げたときの歌)

http://www.youtube.com/watch?v=02EoUIn9Zjk&feature=related

青春のパラダイス 岡晴夫(終戦直後、闇市に流れた歌)

http://www.youtube.com/watch?v=Tk88oL8dRrY

|

2010年8月13日 (金)

釜めし屋「志津香」を訪ねて

たまには肩の凝らない話題でも。

201008121850000 先日、スタッフから、奈良のおすすめの店ということで、「志津香(しずか)」を紹介してもらいました。小西町にあった狭い店が、東大寺の大仏さん付近に引っ越したみたいです。県庁へ坂道をトボトボ登って、地下道をくぐって、近鉄奈良駅から徒歩15分くらいで、「志津香」に到着。お盆とはいえ、平日の18時まえというのに先客がすでに7組。ギリギリ冷房のきいた店内で待つことができましたが、もう少し遅ければ、ムシムシの外で待たされるはめになるところでした。クワバラ、クワバラ。お盆期間中は電話予約を受け付けないそうです。

結局40分待たされ、奥のテーブル席に案内されて、「七種釜飯」とやらを吟味いたしました。注文を受けてから、炊き出しをするそうで、大和肉鶏のダシがよく効いており、噂にたがわぬおいしさでした。定食に付いてくる煮付けもなかなかグー。ごはんを茶碗に入れたら、ふたをきちんと閉めることが、おいしくいただけるコツだそうです。最後はおこげもマッチグー!エドはるみも古くなりましたかね。

勘定をすませたころ、外はまっくら。大仏さんにお尻を向けて(ゴメンナサイ)、国立博物館あたりの燈花会をみながら、春日大社表参道を逍遥。出店の屋台がずらり。またまた猿沢池から興福寺五重塔を眺めてきました。カトちゃんに言われそうです。「アンタも好きねぇ。」って。東向き通りを上がって、「ふる里」で、大好物の白玉あんみつを食べて(待たせやがって)、気軽な小観光を終えました。電車の窓からは、スポットライトに照らされた内裏と朱雀門が。

|

2010年8月10日 (火)

デフレ+増税=窒息死

http://www.kurayama.jp/

「倉山満の砦」という、国士舘大学体育学部講師・倉山満先生のブログをみて、憲法、歴史解釈、経済学など多方面にわたり勉強させていただいております。最近の話題は、消費税増税についてでして、デフレ対策なしに消費税アップ、配偶者控除撤廃などをはじめ、いま増税してしまうと、借金大国・日本は窒息死してしまうと警鐘を鳴らしておられます。たしかに増税はインフレで債務が減ってお金があり余っているときに行うべき税収ですよね。たしかにインフレになれば、山のような国債は消えますね。マスコミの風潮に乗せられて、借金減らすためには消費税増税もやむを得ないかぁなんて、なんとなく考えていましたが。

その元凶は日本銀行が紙幣をもっとたくさん刷らないこと、つまりリフレしようとしないことにあるそうです。なぜかは隣国の陰謀とも、秘密結社の陰謀とも、はたまた?通貨が増えれば、貨幣価値が下がってインフレになります。物価は上がりますが、借金は払いやすくなり、多重債務者は救われます。

かの昭和大恐慌を乗り切った石橋湛山(いしばし たんざん)や高橋是清(たかはし これきよ)が採用した政策こそ、リフレでした。

倉山満氏 憲法を語る

http://www.youtube.com/watch?v=Q6OLHJMT5O4

|

なら燈花会(とうかえ)を鑑賞

201008092030000_4

なかむら小児科の通常診療を終えて、近鉄奈良駅の東向き通りをくぐりぬけ、猿沢池で開かれている、なら燈花会に生まれてはじめて行ってきました。8/5~8/14の19時~21時45分に開催されます。なにやら、10年くらい前から開かれているらしく、奈良生まれ奈良育ちなのにまったく知りませんでした。ろうそくの火はホンマモンで、歩道の足元を照らしてくれています。見回りの係りの人が消えたろうそくの火をつけて回ってくれています。池の水面にしな垂れる柳の木は緑のスポットライトにうっすらと照らされていました。猿沢池対岸から眺めると、興福寺の五重塔や南円堂が緑のスポットライトに浮かんで、感動的でした。

201008092025000帰りは猿沢池から今御門通りを南下して、猿田彦(サルタヒコ)神社をUターンして、もちいどの通りを北上して、三条通り沿いにある餅つきで有名な中谷堂やびっくりうどんを横目に、東向き通りを北上。大和そば、わらびもち、白玉あんみつ、焼餅ぜんざいがおいしい食事処「ふる里」が月曜休業で食べられなくて、とても残念でした。とりわけ白玉、バニラアイスが絶品。

|

2010年8月 3日 (火)

五色塚古墳を訪ねて

201008011534000炎天下のなか、明石海峡大橋を臨み、神戸市垂水区舞子にある前方後円墳、五色塚(ごしきづか)古墳に行ってきました。4世紀終わりごろ、明石海峡付近を支配していた豪族のものだろうとのことでした。奈良の古墳は木だらけ、森だらけで、原型を復元してくれている五色塚古墳に感動しました。

201008011554000ひれ付円筒埴輪とひれ付朝顔形埴輪を組み合わせて、柵にしてありました。4世紀末といえば、仲哀(ちゅうあい)天皇と、神功(じんぐう)皇后夫妻の生きた時代ですね。大和朝廷代々の大王(おおきみ)に仕えた軍神、武内宿禰(たけうちのすくね)が活躍し、大和朝廷が国際デビューを果たした時代でもあります。この墓の主はきっと、伽耶・任那(金官伽耶)・馬韓・百済・高句麗・新羅の諸国から大宰府、瀬戸内海、明石海峡を通って難波潟へ急ぐ使節団の船を眺めていたことでしょう。

201008011545000_4

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »