« 手足口病と口蹄疫 | トップページ | 豪気節 »

2010年5月19日 (水)

「素浪人月影兵庫」 「素浪人花山大吉」

懐かしい映像を見つけました。まさに東映活劇といっていい作品でした。小さい頃から、近衛十四郎が扮する月影兵庫、品川隆二が扮する焼津の半次のファンでした。剣はめっぽう強い月影にも、猫が大嫌いという弱点があり、粋な半次兄さんにも、蜘蛛が大嫌いという弱点がありました。曲がったことが大嫌いで、少々おばかでおだてにすぐのぼせ上がる焼津の半次は好きだったなぁ。近衛十四郎のように気ままな余生を送りたいな。昭和40年代前半のこどもは2つのチームに分かれてチャンバラごっこをして日が暮れるまで、外で遊んだものです。晩ご飯に呼ばれてひとりふたりと帰宅し人数が少なくなったら終了。飽きたらたまにウルトラマン、マグマ大使、仮面の忍者赤影のような変身ものバージョンもまじえながら。本郷猛の仮面ライダーはまだいませんでした。ましてアニメの宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダムはもっとあと。とにかく年齢差のあるこどもたちとよく遊びました。私たちも足を伸ばして、藪だらけの平城宮趾へ時々行きました。蛇の棲むわらや深い藪や沼地を避けながら。たまにテクテク歩いていた野良犬と出くわすとにらみ合いになりました。チャンバラごっこの木刀を持っていましたので、野良犬にも十分対抗できたのです。40才代後半から50才代前半は当時こどもだったからわかってくれるのでは。白黒テレビからカラーテレビに変わった昭和45年の大阪万博くらいに、素浪人花山大吉に引き継がれました。

品川隆二「風来坊笠」♪ http://www.youtube.com/watch?v=xaDMrDVb42U

大吉「半の次よ。」「このバカタレが。」「ほんとにおまえはどうしょうもないやつだな。」

半次「だんなぁ」「このおから野郎。」「こんちくしょう、よくもコキやがったな。」

これらのセリフは耳にこびりついています。最近のこどもは親から叱られませんが、昔のこどもは大吉のようなセリフでよく叱られていましたね。半次はおとななので、叱られている途中から反抗しましたが、こどもにはとてもそんな口答えする権限はありませんでした。古きよきニッポンのこども一風景です。

月影兵庫オープニング

http://www.youtube.com/watch?v=U1Hby570i9k

花山大吉オープニング

http://www.youtube.com/watch?v=IVYA2F6mH38&feature=PlayList&p=680C7958EAFAF06A&playnext_from=PL&playnext=1&index=1

大吉さん vs おから

http://www.youtube.com/watch?v=l9MDqZGKat8&feature=related

焼津の半次兄さん vs 蚤

http://www.youtube.com/watch?v=9ZaLQ01GTJM&feature=related

|

« 手足口病と口蹄疫 | トップページ | 豪気節 »