« 人生半ばを過ぎて想うこと | トップページ | ボルゲーゼ美術館展を観て »

2009年11月24日 (火)

世乱れて「論語」あり

200911231519000 世界一やさしい「論語」の授業  佐久 協 著  ベスト新書

またまた慶応高校国語科名物教師、佐久先生の本が出ました。「論語」やら「孟子」が流行するときは、それだけ世の中が乱れているということ。世間は、身長2m20cmあったという孔子を誤解していることを、佐久先生はズバリ指摘されており、今回は前作の「論語」解説本を、四コマ漫画を駆使して、さらにやさしく解説してあります。

中国でも、孔子の生涯を描いた映画が快調に撮影中らしいし、「論語」はあちらでも注目されてるみたいですね。あとがきには、中国に関する不気味な近未来予測が書かれてあります。この先10~20年以内に、共産党一党独裁が破れ、多党化し、中国は混乱に陥ると。そうなると、中国に依存する世界経済は大打撃だし、食糧難は必至ですね。

でも日本は10~20年もつかな?日米関係を悪化させ、日本の防衛力をそぎ落とし、地方分権の名の下に国庫を破綻させようと企む輩がいますね。仕分け人というド素人が、好きなように国益を損なってますし。与党は決して「日本国民」とは呼ばず、「国民」にわかりやすく説明せよと官僚に詰め寄ってますが、官僚が徹夜漬けする予算組みって、そんなに容易に国民に理解できるものでしょうかね。

|

« 人生半ばを過ぎて想うこと | トップページ | ボルゲーゼ美術館展を観て »