« ルーブル美術館展をみて | トップページ | 仰げば尊し »

2009年8月31日 (月)

すばらしきドイツ語教授列伝

2009831 江戸時代の学問を一手に支えたのが蘭学者たちとすれば、文明開化の日本を裏から支えていたのは明治期の語学者たちです。英語教授の代表は福沢諭吉(慶応義塾)でしょう。ではドイツ語教授は?幕末から第一次世界大戦ドイツ敗戦まで、ドイツ語教育熱は全盛でした。岡倉一郎(中央大学予科)、亀井藤太郎(東京学院)、山村一蔵(独逸学校)、谷口秀太郎(独逸語専修学校)、北里闌(ドイツ劇作家)、青木昌吉(旧制高校)、田代光雄(東京外大)、大津康(旧制高校)、堀田正次(旧制高校)、小島伊佐美(旧制高校)。このうち、みなさんはいったい何人をご存知でしょうか?わたしはひとりも知りませんでした。数多くの教授輩出の源泉であった、旧制東京外国語学校では、読法、綴字、習字、書取、文法、詩歌暗誦、会話、作文、訳文、算術、地理、歴史、物理、化学と、ドイツ語原文テキストをこと細かく教えられたようです。ドイツ語がなんと週25時間授業!英語講座はなく、ほかにフランス語、ロシア語、中国語、朝鮮語が教えられました。ヘステル読本、ボック読本、エンゲリン読本、シェーフェル文法、ウェルテル万国史、ウェベル万国史、・・・。外国人教師が暗誦や会話を重視したのに対し、日本人教師になりますと暗誦は好まれなくなり、訳読重視の授業方法に変わったそうです。やがてドイツ語文法のバイブル・超ベストセラー、大村仁太郎・山口小太郎・谷口秀太郎共著「独逸文法教科書」が生まれ、三太郎文典と呼ばれました。日本人が学びやすいように、はじめて品詞文章論が説かれたのが大ヒットの理由でした。中級者以上には、三太郎読本と呼ばれた、「独文読本」「高等独文読本」がさかんに読まれました。やがて、時代遅れで古臭いと、新進気鋭の関口存男や権田保之助に批判されるまで、ひたすら教育に打ち込む姿は感銘を受けました。ぜひとも学校の先生方にもお勧めしたい一冊です。

|

« ルーブル美術館展をみて | トップページ | 仰げば尊し »