« サッカーW杯の敗因 | トップページ | 心が問われる時代 »

2009年5月22日 (金)

新型インフルエンザ

ずいぶんブログをご無沙汰しました。新型インフルエンザ対策でテンヤワンヤの毎日ですが、なんとか乗り切っていきましょう。メキシコ豚の体内でヒトインフルエンザ遺伝子、ブタインフルエンザ遺伝子、トリインフルエンザ遺伝子の3つが融合してできたものだそうです。WHOのコメントによると、今回流行のウィルスは自然産物であって、実験室から漏れ出た人工産物ではないそうです。季節性インフルエンザとちがって老人が罹りにくいことから、1957年より前に生れた人は抗体ができているという説もあるようです。ワクチンによる抗体なら半年ももたないはずですが、その辺つじつまが合わない気がします。

とくに狭い密室で空気がよどむような環境、たとえば電車、バス、エレベーター内ではマスク(できればN95マスク)を着用し、外出から帰宅したら、すぐに石鹸でよく手を洗って、うがいをすることが基本的な予防方法です。湿気と暑さに弱いといわれてきたインフルエンザウィルスですが、変異しているのか最近は湿気にも暑さにもしぶとく生き延びてきているような気がします。

|

« サッカーW杯の敗因 | トップページ | 心が問われる時代 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。